はたらくマガジン

はたらく課推薦図書 第17回 じぶんの軸を見失いそうなときに

はたらく課推薦図書

この本を購入したのは、直接ご本人の口からお話を伺ったのがきっかけです。

2014年、奈良県立図書情報館で行なわれていた「シゴトヒト3dayⅢ シゴトとヒトの間にあるものを考える3日間」というトークイベントで松場さんのお話を伺ったのですが、短時間で胸を打つことばを立て続けに出される様子や、本のタイトル通り地に足のついた自分のことばでお話される様子に衝撃を受け、胸が熱くなった状態のまま会場ですぐに手にしたのを覚えています。

とはいえ買ったことに満足してしまい目を通していなかったのですが、今年の3月に「北欧、暮らしの道具店」というネットショップで松場さんのインタビューを拝見して同じように感動し、またあのことばに触れたいと読み始めることにしました。読み進めるたびに、2年前に松場さんがお話された姿が浮かんでくるようでした。

この本の中では、アパレルブランド「群言堂」を全国へ展開する「石見銀山生活文化研究所」の所長である松場登美さんが島根県大森町に根をおろした当時のこと、商売をはじめたきっかけ、転機、衣料品ブランドの立ち上げ、「阿部家」という築220年の武家屋敷を修復し、活用していく中で起こった出来事が綴られています。『世の中が捨てたものを拾おう』というスタイルは、バブルより前から貫き通してきたそうで、当時は周囲から反対されることも多かったそうです。そんな中でどのように知恵を働かせてきたのか、うまくいかないことややむを得ないことをどう受け止めてきたのか。一言一言がずしりと胸に響きます。

他人に何と思われようとも自分の夢を形にしていく姿、売れる売れないで判断せず世界観や空気感を明確にしてものづくりをする姿に、自分の気持ちや考えを大事にしようと勇気をもらいます。他人の目を気にして不安になったときやじぶんの軸を見失いそうなとき、手にとりたい本です。

タイトル:群言堂の根のある暮らし―しあわせな田舎石見銀山から
著書:松場 登美
出版社:家の光協会

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -後編-【島根県江津市】

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -後編-【島根県江津市】

2日目の朝食は、蔵庭さんでいただきました。ここには、戸田耕一郎さん、望さんが営む週末カフェ「kuraniwa」と、峠土純子さんが営むベーカリーショップ「tsumugi(紬麦)」が同居しています。

奥さんの望さんは、隣の浜田市出身。島根に何度も帰省するうちに、デザインの仕事をしていた耕一郎さんは、こちらでも仕事をつくれるのではと考え、1か月半程滞在。その中で、 sukimonoの平下さんなど街のキーマンに出会い、その時に江津の人の魅力に惹きつけられたそう。

また、望さんは、東京の飲食店で働きながら、いつかは自分のお店を持ちたいと思っていたそう。お子さんが生まれ、子どもを大切にしながらの暮らしにシフトしていきたいと考えた時に、自分の地元島根を選択。

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -後編-【島根県江津市】

隣に同居しているtsumugiの峠土さんは、隣の浜田市役所で働いていたそう。自分のやりたいパンの仕事をする為に退職し、広島にあるパン屋さんで10年程修行。独立を考えていていたタイミングで、「江津ビジネスプランコンテスト(Go-Con)」を知り応募。大賞はとれなかったものの、そこでの繋がりもあり金融機関から融資を受けることができ、自分のお店を持つことに。

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -後編-【島根県江津市】

続いて、石見麦酒さんに移動。ここは、クラフトビールの醸造所で、この地域ならではの地酒をつくりたいと、山口さん夫婦で9坪程の小さなブルワリーを立ち上げました。

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -後編-【島根県江津市】

ちなみにこれは、ドライスタウトです。低温で抽出したコーヒーを加え、フルーティーな香りとすっきりとした後味を演出。浜田市のナマケモノ珈琲さんが焙煎した豆を使用しているそう。

工場の設備は、家業の木工会社での経験を活かしほとんどが手作り。また、地元食材を利用した新たなビール造りにも常にチャレンジしており、訪れた日も試作中のものを試飲させていただきました。

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -後編-【島根県江津市】

この日のお昼は、キッチンカースタイルの店舗ひなた食堂 ますやさん。枡さんご夫婦は、奥さんの実家が江津市にあり、神奈川県から奥さんはUターン、旦那さんはIターン。

この日は、自動車販売店のオープン記念イベントに出店していました。イベント出店に加えて、飲食店にアクセスしにくい地域や病院等へも出向くこともあるそう。

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -後編-【島根県江津市】

最後は、少し移動して、江津市の隣にある浜田市に事務所があるシマネプロモーションさんへ。素敵な建物で、2階は女子専用のシェアハウス、1Fは事務所兼コワーキングスペースになっています。

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -後編-【島根県江津市】

シマネプロモーションの代表を勤める三浦さんは、江津市の隣の浜田市出身。島根にはいいものがたくさんあるのに、知られていない、伝わっていないという課題を解決するには、島根をプロモーションする人が必要という考えからUターンを決意。「江津ビジネスプランコンテスト(Go-Con)2011」に応募し、課題解決プロデューサー部門の大賞を受賞。

東京で議員秘書や国際NGOの職員として働いてきたので、プロモーションや企画といった職業に携わった経験はなかったそう。

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -後編-【島根県江津市】

今回の旅では、8名の方にお会いすることができました。共通していることは、皆さんそれぞれ想いが具体的であり、それを実現するために実行していること。そして、自分の選択で”はたらく”を選んでいるので、大変な面もたくさんあると思いますが、それ以上に、はたらくことを楽しんでいることが伝わってきました。

誰と、何処で、何をするかを、改めて自分に問い直してみることで、自分らしく”はたらく”糸口が見つかるかもしれません。

<<前編はこちら

自分らしく”はたらく”人に出会う旅 -前編-【島根県江津市】

島根Go-Con

島根県に人口24,500人程のまち「江津市」があります。このまちも他の地域と同様に、地場産業の衰退(石州瓦など)や人口の減少に直面しています。



そのような状況の中で、『GO►GOTSU! 山陰の「創造力特区」へ。』というスローガンを掲げ、自らの創意工夫で新しいものごとを創り出すことを積極的に後押しています。企業誘致よりも人材誘致が大事だと考え、2010年より、新しいビジネスに挑戦したい人をまちぐるみで応援する「江津ビジネスプランコンテスト(Go-Con)」を開催しています。

GO-con

今回、これまで6回開催されたビジネスコンテストの受賞者を訪ねる旅「山陰の創造力特区 島根県江津市の起業家たちに会える旅Go▶Tour」に参加してきました。

島根Go-Con

最初に訪れたのは、人、農、食をつなぐ場所を創造するがコンセプトの風のえんがわオーナーの多田さんのところ。週末ということもあり多くの方がお店を訪れていました。

旅のお昼は、ここで野菜たっぷりのカレーをいただきました。食材も地元の有機野菜を使っています。

島根Go-Con

食事を終え、オーナーの多田さんのお話を伺いました。多田さんは、東京からのUターン。子育てを田舎でしたいという想いから、地元に戻ってきました。東京で、料理人として働いたり、居酒屋の経営をしたりと食に関わる仕事をしていたこともあり、地元で農業をやろうとするも、いきなりそれだけでは食べていけないので、地元の建設会社で働いたり、カフェをやることを見据えて小さくケータリングをすることからはじめたそう。

そして、お店を立ち上げるタイミングで、ビジネスプランコンテスト(Go-Con)に参加し、そこで大賞を受賞。ビジネスプランを考える過程を通じて、何がやりたいかを整理できたので、今はそのプランをコツコツとやっている感じとのこと。

島根Go-Con

続いて、古民家ゲストハウス「アサリハウス」へ移動しました。素敵な縁側もあり、かなり大きな建物です。リノベーションキャンプを開催し、たくさんの方と一緒につくり上げたそう。

島根Go-Con

このゲストハウスのオーナーは、江上さん。愛知県出身で、東京からIターン。グロービスでビジネスを学ぶなどしており、地域で事業開発していく姿勢がなんだか新鮮でした。ゲストハウス以外にも様々な事業を展開していく予定とのこと。

島根Go-Con

ゲストハウスの隣には、空間デザインからファブリック、家具・玩具・楽器などの製造をする「design office sukimono」の工房があります。代表の平下さんは、ニューヨークからUターン。ニューヨークで働いていた時は、誰に対して仕事をしているのか分からないという面もあり、地元の江津に戻ってきたそう。

島根Go-Con

「あなたを幸せにするものづくり」を大事にしていたり、想いを共有できる人と一緒に働きたいという想いを強く持っていて、素敵な方だな話しを聞いていて胸が熱くなりました。

島根Go-Con

1日で、濃い3名の方に会い、刺激的な日になりまた。皆さん、表現方法は違うけれど、自分のやりたいこと、まちやそこに住んでいる人、身近な人に必要なこと、自分のできることを組み合わせて、はたらくを自ら創造していることが共通点としてあるのかなと感じました。

後半に続く。

はたらく課推薦図書 第15回 モノを少なくする、仕事文具から考える整理術とは!?

はたらく課推薦図書第15回 モノを少なくす

『モノが少ないと快適に働ける なぜ、残業ゼロの人はデスクがきれいなのか?』

片づけが生産性を上げることは、多くの書籍で紹介されています。

『トヨタの片づけ』㈱OJTソリューションズ著でも、「片づけは雑務じゃない。仕事そのものだ」「片づけは成果を出すためのビジネスツール」と、片づけがどれだけ重要な役割なのかを知ることができます。

今回ご紹介する本の著者は、ステーショナリーディレクター、文具コンサルタントである、土橋正さん。文具の展示会「ISOT」の事務局を経て、土橋正事務所を設立。国内・海外の文具メーカーを対象に商品企画やPRのコンサルティング、ショップを対象に文具売り場のプロデュース・商品セレクト・ディレクション。多くの雑誌やウェブで記事を書かれているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

仕事道具を紹介する土橋さんならではの整理術。ご自身が実際に使っている机や文房具などを、写真やイラストを使って、わかりやすく紹介されています。ノートは、月光荘の「スケッチブック ウス点 2F」。手帳は、8冊の手帳を買い込んで徹底的に比較されて決められたそうです。土橋さんがなぜこの仕事道具を使っているのか、どのように使っているのか、楽しく読めます。

第1章 書類、ノート、名刺など紙類の流れをつくる
第2章 デスク環境のミニマリズム
第3章 ミニマリズム的時間管理
第4章 ミニマリズム的プライベートライフ

最後の章では、何もしない時間を大切にする 1人で飲みにいく 月曜日の18時半ごろ仕事を終えて、1人でBARに行くとのこと。

「モノだけでなく予定も定位置化することで、本来やるべきことに集中できるようになる。」

「仕事をしていてストレスを感じるのは、物理的な忙しさよりも、その仕事を自分の意思でやっているか、まわりの状況でやらされているかの違いが大きい。自分でやろうと決めたものであれば、苦にならず進んでやりたいと思える。一方、だれかに言われたものだとなかなかやる気が出てこない。」

人生も、日々の生活も、仕事の流れも、使う道具も、道具を置く位置も、捨てることも、決めることができれば、快適に働ける。決めることでモノが少なくなる。他人の仕事を知り、自分の仕事をじっくり振り返ろうと思える一冊です。

空き不動産を使ってまちを元気にする【善光寺門前町界隈】

マイルーム

まちを面白くする事例を学びに、岐阜市で建築を中心に、インテリア、家具、イラスト、まちづくりなどいろいろなデザインを手がけているミユキデザインさんが企画している『「空き家」の未来をデザインしよう』に参加してきました。

ゲストは、長野市の善光寺門前町界隈の空き不動産を使って、まちを元気にする取組みをされている株式会社MYROOM代表の倉石智典さん。

マイルーム

倉石さんは、自分の仕事を5つのカテゴリーに分類して説明。特に、空き家を見つける「ストックプランニング」、物件の借り主の想いを物理な面で具現化する「リノベデザインビルド」、物件の借り主の想いに寄り添いながら一緒に考える事業計画づくり「プロジェクトマネジメント」をグルグルとまわすことが大事とのこと。

このサイクルを様々な方と手を組みながら、1つの物件を1事業としてとらえ動かし、空き不動産の発掘、事業計画づくり、設計(リノベーション)、維持管理などをトータルに請け負うことで、会社としても持続可能な収益を得る工夫をされていました。続けていくには、想いだけでなく、経営感覚も必要ですね。

マイルーム

活動をはじめて5年が経過しても9割以上の方が事業を継続しているそう。しかも、その数80件以上。事前の「プロジェクトマネジメント」の部分で、借り主の方の想い汲み取るのと同時に、しっかりとお金も含め事業にも向き合う状況をつくっているからこそなのかなと感じました。

一人一人が面白がりながら”はたらく”ことが積み重なって、まちが面白くなっていくのかな・・・。

倉石さんが活動してる長野市の善光寺門前町界隈エリアにも訪れてみたくなりました。


好きを仕事にする【大ナゴヤ大学】

大ナゴヤ大学

「街中がキャンパス」、「誰もが先生、誰もが生徒」をコンセプトに、学びの場づくりをしている大ナゴヤ大学が開催する授業「“自分の自転車”をもっと楽しむ~あなたにぴったりの自転車選び~」に参加してきました。

教室は、自転車を自分でメンテナンスするためのレンタルピットやメカニックスクールなども開催している「CULTURE CLUB」さん。先生は、そこで店長兼メカニックをしている横山誠さんです。

大ナゴヤ大学

誰もが一度は乗ったことがあり、身近な自転車ママチャリ。ママチャリは、ロードバイクなどと比べると全然前に進みません。それでも、乗り方などを少し変えるだけで、すごく乗りやすくなるそうです。授業では、このママチャリを快適に乗る方法を教えてもらいました。授業内容の詳細を知りたい方は、大ナゴヤ大学のこちらのページをご覧ください。

大ナゴヤ大学

横山さんのプロフィールには、「大学在学中に自転車を好きになり、日本中を自転車で旅すると共にダウンヒルレース活動も行う。大学卒業後、自転車店へ勤務しながらレース活動を続ける。レース活動終了と共にバイクメッセンジャーに転職。30歳でより深くMTBに乗るためにカナダに渡る。帰国後、Circlesにて働き始め今に至る。自転車しかない人生ですね。」と書かれていて、これだけで十分自転車好きが伝わってくるのですが、授業の時にお話する姿をみて、自転車への想いがより伝わってきました。

授業の最後に、以下のようなことをお話されていました。

「最初は、ママチャリでいいと思います。どこまでも走って行ける、行ったことのない道を見つけて行くなど、道を自分で決めて行ける楽しさが自転車にはあります。

また、空気を入れる、サドルを上げる、チェーンに油をさすなど、自分でさわれるので、それだけ実践してもらうだけで、自分の自転車に愛着がわきます。

知り合いの話しですが、自転車を買って1ヶ月ぐらいで10km走れるようになり、 1年後には100km。それからも少しずつ距離がのびていって、最終的には、160kmある京都まで走れるようになりました。このように、自分が成長していくのを楽しめる乗り物でもあります。

楽しく乗っていけるのりものなので、ぜひぜひたくさん乗ってください!」

自分の関わり方次第で変化してく自転車は、はたらくに似ているなとなんだか感じました。横山さんの自転車に対する愛情があるからこそ出てきた言葉。好きを仕事にしている方のお話、もっと色々と聞きたくなりますね。

写真:あいざわけいこ

大ナゴヤ大学

里山で「小さな経済」を生み出す起業者を育てる【里山インキュベーターいびがわ】

里山インキュベーターいびがわ

森や木に関わる生き方をめざす人のための岐阜県立の専門学校「森林文化アカデミー 生涯学習講座「森と木のオープンカレッジ」」と、垂井町を中心とした西濃圏域、揖斐川流域での地域づくり活動をしているNPO法人泉京・垂井(せんと・たるい)の共催講座「里山インキュベーターいびがわ」が開催されます。

インキュベーターとは起業者の孵化器のことで、農山村の3大遊休資源(空き家、耕作放棄地、放置山林)や多様な地域資源を活用してコミュニティに「小さな経済」を生み出す起業者を育てようとする取り組みです。揖斐川の上流域から伊勢湾にいたる流域社会をフィールドとして、自然と調和した暮らしや新しい生業(なりわい)の在り方を学びながら、フェアトレード・地産地消の地域社会づくりを進めていくそう。

地域や人を見つめながら、揖斐川の上流域から伊勢湾にいたる流域社会をフィールドに自らの思いを実現したいと思っている方、里山で生業づくりをしたい方、参加してみてはいかがでしょうか。

開催日時:第1回 7月23日(土) 里山ビジネス「古民家リノベで集落再生」
     第2回 8月6日(土)、7日(日) 里山フィールド実習「揖斐川上流域をめぐる」
     第3回 9月14日(水) 里山ビジネスカフェ「コミュニティートレード」
     第4回 11月26日(土)、11月27日(日) 里山フィールド実習「揖斐川中・下流域をめぐる」
     第5回 12月11日(日) 里山ビジネスカフェ「狩猟採集と日本の食文化」
     第6回 1月15日(日) ふりかえり
対  象:里山起業を目ざす人(または関心ある人)
募集人数 通年参加10人
申込締切:7月20日(水)
参加料金:通年参加 30,000円(全6回)
     ※単発参加 里山ビジネスカフェ700円、里山フィールド実習15,000円
主  催:岐阜県立森林文化アカデミー「森と木のオープンカレッジ」NPO法人 泉京・垂井
後  援:揖斐川町、垂井町

スケジュールなど詳細事項はこちらからご確認ください。

山里で生きる”糧”を身につける学びの場【ミライの職業訓練校】

ミライの職業訓練校

はたらくことは、本当に多様で、100人いたら100通りのはたらき方があります。会社に勤める働き方もあれば、フリーランスや起業して自分で働き方を決めるスタイルもあります。しかし、もっと他にもたくさんの選択肢が存在しています。その1つに山里で生きるようにはたらくスタイルもあります。

このスタイルをどのように実現するかを学べる場があります。仲間とともに実践し、切磋琢磨しながら山里で生きる”糧”を身につける学びの場「ミライの職業訓練校」です。現在、第2期の受講生を募集しています。

「田舎での暮らしに興味のある人」、「今の働き方に引っかかりを感じている人」、「自分の力で何かを始めてみたい人」、受講してみてはいかがでしょうか。

開催日時:基礎コース
     第1回 7月30日(土)10:00〜19:00
      オリエンテーション・里山で見つけた働き方(先輩プレゼン)・自分史の作成
     第2回 8月27日(土)10:00〜17:00
      モヤモヤから自分を見つめる・暮らしとなりわいの取材学
     第3回 9月24日(土)10:00〜、25日(日)〜16:00 ※1泊2日の合宿
      取材したケースの学び合い・師匠を見つける学び場実践企画
   
     実践コース
     第4回 10月29日(土)、30日(日)
      先進事例視察ツアー
     第5回 12月4日(日)
      それぞれの学び場実践報告
     第6回 1月14日(土)
      自分流働き方への旅立
開催場所:すげの里(〒444-2505 愛知県 豊田市愛知県豊田市新盛町中洞67)
募集人数:20名程度(定員を超えた場合は、先着順をもとに調整します。)
受講料金:基礎コース、実践コース各1万円
     (内訳:基礎コース10,000円、実践コース10,000円)
     ※受講を途中で辞退される方は、いつもで返金します。宿泊費、交通費、食費は別途実費。
申込締切:2016年7月25日(月)まで
主  催:ミライの職業訓練校

スケジュールなど詳細事項はこちらからご確認ください。


都市農村交流ビジネスモデル【三重県】

三重県

三重県で、農山漁村ならではの魅力的な資源を活用した農山漁村ビジネス起業を促進するための6回連続講座「平成28年度農山漁村起業者養成講座」が開催されます。農山漁村にある未活用の資源の掘り起しと都市のニーズを結んで新しいビジネスを作り出すノウハウを学べるそう。

農山漁村をフィールドに起業してみたい方は、応募してみてはいかがでしょうか?

開催日時:第1回  8月 9日(火) 農村資源の捉え方・都市農村交流ビジネスモデル概論
     第2回  9月12日(月) 都市のニーズ
     第3回 10月26日(水) 講座修了生による講義
     第4回 11月28日(月)、29日(火) ビジネスモデル設計
     第5回 12月16日(金) 事業計画の立案・プレゼン方針
     第6回 1月11日(水) 受講生同士のプレゼン大会
開催場所:三重県内各地で開催します。
     第1回は三重県総合文化センター中会議室(津市一身田上津部田1234)で開催。
     第2回以降は場所が決まり次第ご連絡いたします。
講  師:曽根原 久司 氏(NPO法人えがおつなげて代表理事
     西井勢 津子 氏(地域資源バンクNIU代表取締役
募集人数:15名(応募者多数の場合は、事務局で選考し、受講生を決定します)
対  象:三重県の地域資源を使ったビジネスに興味のある方
参加費用:無料(ただし、交通費、宿泊費、飲食費などは自己負担)
応募締切:2016年7月22日(金)
主  催:三重県

スケジュールなど詳細事項はこちらからご確認ください。

はたらく課推薦図書 第14回 仕事の質は、スピードで決まる!?

スピード仕事術

仕事を経験していく中で、質をあげることと、スピードをあげて量をこなすこと、どちらかを優先することが迫られる場面があると思います。本当は、どちらも大事なはずですが、質と量を同時に求めることがなかなか難しい・・・。

約30人のメンバーで常時400件以上のプロジェクトを動かし、質と量を両立している会社があります。インテリアや家電製品、家具や生活雑貨などのデザインから、企業のブランディングや駅前再開発等の総合プロジェクトなどを手がけるデザイン事務所ネンド(nendo)。代表の佐藤オオキさんは「仕事の質は、スピードで決まる」という仕事の考え方をしています。

その考え方をまとめたものが『400のプロジェクトを同時に進める〜佐藤オオキのスピード仕事術〜』。スピードを重視する働き方の基本動作から、具体的手法、投資やチームづくりの考え方まで書かれています。

PART1 ”超”高速で仕事をこなすための基本動作
 1.仕事を急加速させるための着手法
 2.仕事のパフォーマンスをあげる「脳の活かし方」
 3.思考を加速させる空間と習慣のつくり方
 4.考え方を変えるだけで、スピードは一気に上がる!
 5.前のめりな姿勢が仕事を加速させる

PART2 400のプロジェクトを”超”高速に進める手法
 1.依頼は幅広く受けるが、断る基準は守る
 2.”使える情報”の集め方
 3.プロジェクトを加速させる打ち合わせのコツ
 4.一瞬で「正解」を導く方法
 5.ゴールに最短で近づくプレゼン術
 6.最後まで相手の期待を上回り続ける

PART3 ビジネスを加速する投資&チームづくり
 1.「何にお金と時間を投資するか」を明確にする
 2.スピード仕事術を実現する人材育成とチームづくり
 3.社内外の人を巻き込み、組織を一体化する

この中で一番印象の残ったことは、チームづくりのセクション。プロジェクトを推進していく上で、色々な人たちをどのように巻き込んでいくかも重要なこと。チームとして一体感が生まれれば、自ずとプロジェクトの推進力は高まります。そこに求められるのが、プロジェクトを最初から最後まで貫くコンセプトです。

「きれい」「格好いい」といったことは、デザインの表層的な部分にすぎず、佐藤さんのコンセプトの定義は、「電話で誰かに伝えられるくらいシンプルな短い文章でいえるもの」「電話で話して『それ、面白そうだね』と言ってもらえるようなもの」。

スピードを極限まであげて量をこなすことで、本質的に必要なことは何かを考え、それが結果的に質にも影響を与えるのかなと感じました。仕事のスピードをあげたいと思っている方には、オススメの一冊です。

タイトル:400のプロジェクトを同時に進める〜佐藤オオキのスピード仕事術〜
著書:佐藤オオキ
出版社:幻冬舎

1 / 1412345...
Return to Top ▲Return to Top ▲